儘ならぬ癖に生まれつく

好き作品とかのメモ。TRPGが趣味。ネタバレしない主義。令和3年からボドゲ(麻雀)始めた。

「麻雀をする私」の観察日記5 ~2/20

「麻雀をする私」の観察日記 2/8~2/20

2021/02/08 38日目

銅の間東風 段位戦10回目、☆3になる

 

2021/02/09 39日目

地球に彗星がぶつかるシノビガミに向けて『ノウイング』『ディープ・インパクト』を観る。

よくわからんテンションでオールナイトニッポン0をリアタイする。

ディスコードでタブの増やし方を知った。便利じゃん

段位戦は3回やった。普通… 

 

2021/02/10 40日目

インセインキャンペーンのキャラシ相談会。中年を作ると決定。

その後GMさんと麻雀、ついでにツイッターで募集をかけてみたところ、0時からの募集だったにもかかわらずお2人来てくださり4人でプレイ。

関東1、関西2、東北1、3方向そろい夜中3時までわちゃわちゃした。

卓ではあまりお国が出ないSさんの流暢な関西弁を聞けたり、散弾銃の球を食うSさんのぶっ飛びリアクションを楽しんだり、まさかの〇さんを飛ばしたりとわちゃわちゃできた…楽しかった…よかったな……

 Mさんに南を振り込んだ。残るは東&西のみ


2021/02/11 41日目

認回し合い5話目。面白いシナリオだった。

卓後にNさんと作業通話&麻雀、「オバカミーコ」という麻雀漫画を教えて頂く。

 東風戦で-6000でラス、笑ってまう

 

2021/02/12 42日目

教科書の37,38がよくわからんので見なかったことにした

夜にSさんと東風&癖トーク。ゴールデンマン、買おう…

何を思ったか朝の7時くらいまで起きてしまう。

 

2021/02/13 43日目

ボコボコ・ボロボロ

睡眠時間1時間、死にかけて出勤したら倒れた。やはり私さんは人間だったのだ。

昼休みに段位戦をしたらボロボロのボロボロ。泣いて帰った夜にMさんに指導して頂く…基礎が、基礎がおろそかになってんだ…字牌を握るな……

いつもありがとうございます…ウッウッ……


基礎だよ、覚えてくれ…

・頭はできません!捨てないでください

・困ったら橋を切る

・ペンちゃんは弱い!

・弱いところは厚く持て

 

2021/02/14 44日目

朝はオリシ、夜はマダミス、麻雀は特になし。

 

2021/02/15 45日目

TCWの前にMさんとMさんフレンズとお麻雀。

2/21に同卓予定のMフレンズさんとっちの卓で先にご一緒することになるとは…可愛らいのにどこか同じ血を感じる、さすが10年来のフレンズ…

麻雀上級者らしく専門用語がポンポン飛び交い宇宙猫顔、サブロッソーいず何……

 

2021/02/16 46日目

「麻雀は最下位を虐めるのがルールなので」

朝からMさんと雑談

オリシトレーラーをポロリしたら地雷を踏み、良い話を聞けた…

オタク(誉め言葉)はいいな…すべてが中途半端な自分はオタクに憧憬の念を抱くのだ…


やっとこさ濃い緑

雑談後、ちょろっと段位戦、先日まで負け続きでボッコボコだったがなんとか雀士に昇段。東風合計39回…割とかかったな…

 

2021/02/17 47日目

夜、Nさんと卓の知り合いYさんと麻雀。3人だしサンマしようぜ!と勢いでサンマデビュー

北抜き楽しい!北抜きだけは楽しい!サンマコワイ!!!

TRPGでしかご一緒したことがなかったYさん、初麻雀にもかかわらずメチャクチャ煽ったし煽られた、これだから通話麻雀はやめられない…素敵な趣味を持ったね…

 

 

2021/02/18 48日目

夜に麻雀個別指導をして頂く。符と翻、点数計算の基礎を教わる。

ピンフ…お前…やたら注文の多いやつだと思っていたが…そうだったのか…我々初心者にわかるように、そんな説明にしてくれてたんだな…すまなかった………

その後、ニンゲンについての不思議雑談で私くん一人が盛り上がり、 明け方3時過ぎまで付き合わせてしまった、反省

 

2021/02/19 49日目

初めて銅の間に。うん…うん…そうだな…私くん、教科書を覚えよう、パンツまでむしり取られるその前に……

2/28のGMさんのオリシ用のGIFを作る。かわいいね…(自画自賛

 

2021/02/20 50日目

チャンタは人間のやるものじゃない」

夜の麻雀講座!手牌開いてやったり牌符見返したり、私くんのクソプレイに解説をいただく

〇さん「チャンタなんてもう二度とやらないでください。狙うものじゃない。」

私くん「ハァイ……」

〇さん「あんなの人間のやるものじゃない、やっていいのは三色の時だけ」

画面共有が重いのでいったん終了、教科書の問題を最初から解いていく。
ボッコボコのボッコボコ……精進します………


ギャルのタンヤオが欲しい

本日は雀魂のギャルこと藤本きららちゃんピックアップ。

いい感じに開運御守もたまり、カキン準備もOK!

早起きして10連1発目は不発、まさかの2発目で来てくださった…こんなにあっさり来るとは思っていなかった…ギャルちゃん…かわいい…

絆MAXになるまで段位戦には出さないからな!それまでは友人戦のみ、宿舎に幽閉だ。

だが彼女への貢ぎ物を稼ぐため、銀の間に出向かねばならない…頑張ろう!

「麻雀をする私」の観察日4 ~2/7

「麻雀をする私」の観察日記 1/24~2/7

2021/01/24 23日目

初めての役満

久しぶりのビガミGM、緊張を解そうと休憩中に東風戦をやった。生まれて初めて役満という奴を見た。緑一色…綺麗だね…CPU君…

振り込んでないのに飛んだ…そう…そっか…CPUは友達だと思ってたのにな……


夜:×麻雀 〇地理の時間

関西には大阪府/京都府/神戸県の3つの都道府県しか存在せず、修学旅行生が鹿と戯れるあの場所は奈良ではなく大阪の植民地である。

そういえばこの日は朝10時から卓予定があったので昨晩は早寝をしたのだが

1/24の0時頃にやった半荘戦で字牌単騎「北」に振り込んでいる…後から気が付き保存した。

 

2021/01/25 24日目

ビガミキャンペーンが始まった。噂通りヤベェ卓だ…

麻雀はやっていない。毎日やる、とは?

 

2021/01/26 25日目

ビガミキャンペーン2夜目。

卓後変な興奮が冷めやらず夜更かし麻雀。実り無し。

 

2021/01/27 26日目

例のキャンペーンン2夜目。ポチポチやったが、成果なし。

 

2021/01/28 27日目

バディDX3始まった!楽しいな~

麻雀?実り無しだ…今週は教科書も何もできていない…

 

2021/01/29 28日目

昼にポチポチ数回やった程度。ダブルクロスが楽しい

セッションがある日は全然できないな…

 

2021/01/30 29日目

明日は待ちに待った3PLシノビガミ

というわけで、同卓PLさん+CPUと厄払い麻雀…

半荘3回やって1回しか上がれないってどういうこと!?4%以下だぞ!?

雀魂ガチャのボイス排出率より酷いが???

まぁ…こんだけ酷けりゃ明日は勝てる、この時はそう思っていた……

 

2021/01/31 30日目

出来た人間は麻雀で毒を吐かない

敗北者…敗北者ですよ…ビガミでは協力型になったのに一人だけ使命失敗、失敗というか…放棄せざるを得ない状況に…目的を失って使命を達成する意味、ありますか?無いです!!!

卓が早めに終わった為、同卓PL3人で麻雀。

先のセッションで、闇属性ムーヴの私君に手を差し伸べ、破滅的英雄ムーヴのPLさんに光を照らす、強欲のハピエン厨として全てをかっさらったSさんとは初めての同卓(麻雀)。

TRPG卓では物腰柔らかで暴言を一切吐くことのないSさんでも、麻雀になれば暴言はくやろ!!と期待していたが…全然言わない…おかしい…麻雀は人間の醜さを曝け出させるゲームだと思っていたのに…毒の1つも吐かない…!?

敗北者、私くん

ビガミ卓でMさんによって全ての計画をぶち壊されギャン泣きしたのだが、後の麻雀でも、狙って構えていたMさんに見事「中」を振込みまた泣いた。

メチャクチャ楽しかった…いつも遊んでいただきありがとうございます!!!!

 

2021/02/01 31日目

麻雀を始めて一か月が経った。

本来の計画では、この日から段位戦デビュー…だったが、無理無理の無理。

教科書の進捗がひどすぎて、今日までに終わらせる章が2/3しか終わっていない。

そう、私君は学生時代もこうだった…計画をまともにこなせたことが一度もない…だから今こうして底辺を這いずり回っているんだ…遊びでも同じだったのだ…

まぁ、遊びだし、楽しくできりゃいいや…ってことでデビューは2週目くらいまで延期延期!

 

2021/02/02 32日目

開運御守を購入。毎日ログインする楽しみができていいな…と。

遊ばせていただいているし、月額使用料として毎月やってこうと思った。

フタリソウサとDX3EAとR&Rが届いた。

 

2021/02/03 33日目

蛮幽鬼、スキャナーに生きがいはないが届いた。積み本ばかりがたまっていく…

麻雀?実り無し。教科書も進めていない…大丈夫か? 

 

2021/02/04 34日目

Mさんに發を振り込んだ。

これまでにMさんに振り込んだ字牌は 北、白、發、中

残るは3種のみ…いっそコンプリートしたい…したくないけどしたいな…

 

2021/02/05 35日目

ワールドトリガー23巻を読んだ。密度濃すぎて5回ほど死んだ。

諏訪は麻雀要員で2人確保している、つまりサンマ…そのうちサンマもできるようになりたい。

 

2021/02/06 36日目

教科書も開かず惰性でポチポチして終了

 

2021/02/07 37日目

ヤるときはヤる菩薩

Nさん&Mさんと、MさんSさんと遊んでいただく。菩薩のSさんに飛ばされた…

「さっきこちらが奪った分にしては多すぎませんか?」「利息が付いたので…」

ナルホド……大好きだ………

初めての段位戦

夜は教科書を読もうと開くものの全くやる気が出ない。負のエネルギーを貯めようと徐に段位戦へ。

5回やって1位2回、2位1回、3位2回 酷かった。

豆腐メンタル私くん、あまりの緊張に動悸がとまらない、指が震える、頭痛等のメンタルから来る身体ダメージを負い、すごすごと帰ってきた模様。

教科書を真面目に読もうと思えたので実り有り!!!!!

推しを泣かせたがる人々

生意気娘とおっさんキャラが好きだ。

比較的外見が整った勝ち気な娘が追い詰められて、キャンキャン吠えているシーンが好きだ。

そんな強がりを見せていた彼女の心がぽっきり折れて、無様に泣いている様子を見ると、溢れんばかりの慈しみが沸いてしまう。

今はもうくたびれてしまった中年が、僅かな希望の光を掴もうと足掻く様は趣がある。

伸ばした手が宙をかき谷底に突き落とされるのも良いし、指先が温もりをとらえ、自分はようやく求めていたモノに届いたのだという満足感を得ながら、触れた指先から光と共に消えていく、なんてシチュエーションもサイコーだ。

 

それらに対してこのような欲求を抱くことは異常でもなんでもないどころか、筆者が「共感ヂカラが強く優しい人間」である、という証拠に他ならない。

 

…という、結論に持っていく為の、でっちあげこじつけを始める。

 

前提というか保険

前提①:「推し」は向こう側の存在

推しを泣かせたい。ここでいう推しとは「自分が存在しない世界に生きる、愛すべきキャラクター」

2次元3次元に係わらず、自分がいる場所は常に客席。彼らはTVやらステージやらで活躍する、隔たりの向こう側の存在、それを「推し」とする。

 

前提②:身に刻まれた妄執

「ニンゲンの設計は割とうまくできている」

これは誰に教わったわけでもなく、知識も根拠も何もなく、何時からか自身にこびり付いて取れなくなった妄執だ。本当に出所が全然わからん、でもそこにあるから仕方がない。

コイツが根底にあると、自身の心身の疑問を大体都合の良いように解釈できるので大変便利。オススメだ。

 

前提③:平和に生きたい

これは一般論ではなく、あくまでも自身の話。

電子の水洗便所ことTwitter君には近い思想を持つフォロワーがいるようにも見えなくもない。が、その水に浮いてる呟きに信ぴょう性もクソもないし、そもそもフォロワーは存在するのかも怪しい。

この後たびたび「ニンゲン」という主語を使うのだが、このブログに存在している生き物はニンゲンである筆者のみ、もし仮に他にいたとしても筆者以外の生き物は人間ではない、ということにするので、筆者=ニンゲンでなんら問題ない。

筆者は自称平和主義、不毛な殺し合いはしたくはない。

 

それっぽい話をしよう

ニンゲンは口をそろえて言う。

「推しに幸せになって欲しい、でも泣かせたい。」

幸せになって欲しいは分かる。

ニンゲンが知り合いやら異性やら子供やら、他人へ抱く正の感情は何れも種の繁栄に役立つ機能だ…と思っているので(妄執)、個人的にはトテモ納得できる。

 

泣かせると何が起こってしまうというのだろうか?萌えが起こる、決まっている。

萌え、それは「可哀想」「でもそんな顔も良い」「可愛い」という色々入り混じった滾り。

「可哀想」は相手の痛みを理解し(た気になり)共感をすることで得られる感情。「可愛い」「顔が良い」は、好意を抱く、なんなら庇護対象になりうる相手に沸く感想だ。

 

ニンゲンは集団生活で助け合う生き方を選んだイキモノ。助け合う為には、助けを求める弱者の存在に気付がつく共感ヂカラが必要とされる。

ニンゲンの個体毎に体格が違うように、共感ヂカラの種類や強さにも違いがあるのも当然、その多様性がより多くのニンゲン同士を助け合わせることができる…気がしてきませんか?

 

都合の良いゴール

推しを泣かせたがるニンゲンは、言い換えるなら「自分好みの相手の痛みに気付き、共感し、慈しめるニンゲン」と言える、言える気がしてくる。

我々の推しは銀幕の向こう側、どんなに同情しても共感しても、ストーリー上のコマである彼らへの干渉はままならない※

だがそんな彼らを慈しみ、愛せるニンゲンは、もし自分の隣にそのような境遇の実在ニンゲンがいたのなら、きっと手を差し伸べるのだろう。

 

なるほど、やはりニンゲンは良くできている

 

※所謂「うちの子」を積極的に泣かせに殺しにいくタイプもいるのは事実。

が、「ストーリー展開上仕方がなかった」と皆言うので仕方のないこと、仕方がないことには干渉できない(?)

 

「麻雀をする私」の観察日記3 ~1/23

「麻雀をする私」の観察日記 1/10~1/24

2021/01/10 9日目

 楽しく見学した、楽しかった(KONAMI

 

2021/01/11 10日目

これは覚えようね

これは覚えようね、を教わり役一覧表にマーク、全体役と部分役…なるほど部分役の方が覚えるの楽だね、って話じゃないんだな、なるほどな

 

2021/01/12 11日目

あんまやってない

 

2021/01/13 12日目

2月から野良デビューするにあたり、逃げ道を作っておこうと長い方こと半荘戦を始めた。

野良はまず東風で行く予定、そこでボコボコにされた際「でも…半荘だったらいけたかもしれないから…」という言い訳をするためだ

ったのだが…全然…勝てない…同じCPUなのに…なんで…ドウシテ………

 

2021/01/14 13日目

ボッコボコのボッコボコで泣き喚いていたところ「〇点くらいの役が欲しい~と思ってそれが作れるくらいになったら長い方行ってもいいんじゃないか」というTLの天の声…TLの声が振ってきたので、計画を改めることに。

小賢しいことを考えるもんじゃないな…と諦めた私くんは初心者向けアナログ本を2冊ぽちった。形から入るタイプのバカなので…

 

2021/01/15 14日目

大人しく教本を読んだところ、知らないルールがいっぱいあってびっくりした。オンライン麻雀、本当に初心者に優しい…ありがとう、世界

 

2021/01/16 15日目

300秒設定にして真面目に考えれば考える程負ける私ちゃん、面白すぎる…

対して回数やってないが、それらすべて自分でも何をやっているのかよくわからなくて

スぺキャ顔していた。

生まれて今日で約2週間、ここ最近はこれと言った変化がないし、数日まとめて書くようにするか…2月の野良デビュー怖すぎる…が、しかし、お麻雀をやってる場合ではないのだ、卓準備全然してない…1日48時間になれ………

 

2021/01/17 16日目

たまに遊んで頂ている知り合いの方がポンにゃ!からオジサンになっていた。

普段割とよく鳴いてくださるのに「1年鳴かない」という掟を作ったそうで、なかなか鳴いてくれない。イケボなロン!は聞けたので満足

 

2021/01/18 17日目

買った本が届いた。何も考えずにぽちったが、フォロワっさんもお勧めしていたのできっと良いものなのだろう。単語帳のように捲って確認ができるレイアウトがいい感じだ。

1日5項目やれば余裕で月末までに1章が終わる計算…だが…だいたい上手く行かない。自分にあまり期待はしていないので希望的観測ってやつだ。

 

2021/01/19 18日目

「亜リャンメン」というメモが残されている。どうやら私くんはこの言葉の響きが気に入ったようだ。振込み貯金をしようと思いついたのがこの日らしく「貯金」というメモも残されていた。

記憶がない。酔っていたか夜更かししていたかのどちらかだろう。

 

2021/01/20 19日目

二度受け、という概念が導入された気がしたが、そうでもなかったことが翌日に判明する。

 

2021/01/21 20日

牌譜赤ペン先生

生きている人間のフォロワーさんに打つ→牌譜を見ての反省会をして頂いた…こんなに丁寧に教えて頂いていいんですか…いつも本当にアリガトウゴザイマス…
「5ブロックを数える」という便利思考を教えてもらい、それから捨てるモノに困る度に「はい、今から数えマース!」と持ち時間をギリギリまで使うグダグダプレイ、こんなん画面共有で他人に見せて良いもんじゃあないぞ…とても楽しかった…メモ無くすなよ、わかったな……

君は脳味噌には恵まれなかったようだが、人には恵まれたね…がんばろう…

 

2021/01/22 21日目

特に無し

 

2021/01/23 22日目

麻雀貯金、はじめました

自分のフォロワーにも「ファンブル貯金」をしているTRPGプレイヤーが数人いる。

筆者はファンブルとか意識の低い出目は出さないので(大嘘)それをするつもりはなかったのだが、悲しいことが起こった、起こしてしまった緩衝として、貯金は役に立つような気がしていた。
翌日の卓に向けた準備と作業通話でテンションがあがっていたこともあり、やるなら今でしょ!!!と、その時飲んでいた酒缶を洗い、貯金箱として活用することに。

何も考えずに設定した、1振り込み100円、飛び200円、他は自由…というルール、これが案外今後の財政を逼迫することになるんだろうな…タノシミだ。

読んだやつ『社会はヒトの感情で進化する』

社会はヒトの感情で進化する

www.forestpub.co.jp

以前、欲しいものリストから贈って頂いた本。

当時、シノビガミのシナリオの資料としてこの辺りのテーマの本を集めており、それっぽい書籍を片っ端からリストりに放り込んでいた名残…だったと思う。よく覚えていない。

 

内容は、行動科学に関連する色々な事例を広く浅く紹介した、まさにシナリオフックと言った感じだった。

考察を深めるというよりちゃちゃっと雰囲気を知りたいだけであった自分にとってはありがたい構成だ。項目ごとに参考文献も掲載されているので、興味があるテーマはそれらの書籍を読めばいいわけで。

内容は(良い意味でも)大したことはない。問題は装丁。

 

まず表紙。

f:id:isaki123:20210115214102j:plain

表題の「社会はヒトの感情で」までと「進化する」のフォントが変えられている。筆者はデザインに疎いので何か意味があるのかもしれないが、よくわからない。そして突っ込みどころはそこではない。

白字に黒文字、少し金色のシンプルな構成に蛍光ピンクのラインがオシャン…と思って開いてみると…

f:id:isaki123:20210115214106j:plain 

…様子がおかしい

f:id:isaki123:20210115214111j:plain

高さを微妙に変えたダブルカバー……何故………?

折れて見えない側には作者のプロフィールが書かれていたが、上カバーも下カバーも内容は一緒だった。ちなみにピンクの下カバーのQRコードはリンク切れだ。

 

調べたところ、どうやらこの装丁はこの本に限ったことではなく、この出版社の他の本でも使われている形のようだ。

デザインだの装丁だの、そのあたりの知識がゼロなのでマジで何もわからないのだが、コストがかかっていることだけは分かる。

ここにコストをつぎ込んだ意味は分からないが、そういう一見無駄な感じのこだわり、嫌いではない…

 

この本は最近買った&読んだものではない。1年以上前に友人から贈って頂いた本だった。

先日はてなのお題で雑記を書き、ふと思い出して手に取り、やっぱこの装丁頭おかしいな(褒め言葉)…と思い、メモした次第。

諸行無常の人間関係、今後も手元に残ったこれを見るたびに、しみじみと思い出すのだろうな…頗るエモい……

孤独死と麻雀と、他諸々

今週のお題「大人になったなと感じるとき」

 

低賃金/汚部屋/孤独死

そこに不細工とデブが乗り、跳満といわれるやつあたりか?
超強いとは言えないが弱くはない。まずまずの点数ではなかろうか。

この状況を笑って受け止め、出来る範囲で楽しむか~☆と、思えている。

大人になったな、と感じる。

 

「〇歳になっても互いにソロだったら一緒に住もう」
そう約束していた友人と、先日縁が切れた。
学生時代からの知り合いで、たった3人しかいない、ネット上だけではない友人のうちの一人だった。
大きな喧嘩をしたわけではない、ほんの些細なこと…と思っていたが、相手にとってはそれでは済まされなかった。話し合いの余地すらない、所謂 音楽性の違い だ、知らんけど。

同棲だ結婚だ何なら子供だ…と、周囲が順調にライフステージを駆け上がる音を遠くに聞きつつも、まぁ何とかなるだろう、という理由のない強い自信があった。その一つが、あっさり消滅した。

 

兄弟無し、人脈無し、財力もコミュ力も何もない。「孤独死」が未来に見えてきた。幻覚ではないそれを本格的に見据え、準備する時期が来ている。

 一人で死にたくない…なんて望みは烏滸がましい。
その欲を満たす為だけに、異性あるいは同性との書面契約を目指す努力ができるほど人間関係構築が得意でもないし、自身のセールスポイントが微塵もないことも、そんな奴と関わってくる人間はロクな奴ではないということも十分に理解している。
自分の好みのタイプの一つにファッションメンヘラキャラがあげられるが、それに対して自分はマジもんメンヘラ、仮にこう…なんかなったとしても、行き着く先は地獄のみ。ネタとしては面白いが、地獄を楽しめる程の元気はもうない。

一人で終わるのはいい、ただ惨めなつまらない孤独死はしたくない。
「死後の後始末の迷惑を赤の他人にかけるのが辛い」とかそんなお人好しな話ではなく、あくまでも自分が最後まで楽しく生きれれば後はどうなってもいい、故に先ず為すべきは「お1人様で安く長く楽しめる趣味の充実」だった。


映画ドラマアニメ小説漫画…これらのコンテンツに目が見えている今のうちに触れ、老後、新たなものを探す気力がなくなった時の為に、お気に入りの目星をつけておく。
そのためのメモ帳として、はてなブログの利用している。

しかし、それらは一人で完結する趣味であることがメリットでありデメリット。
なんやかんや生きてわかったのは、自分は集団行動はさっぱりできないくせに、完全な孤独には耐えられないニンゲンである、ということ。
画面越しでもいい、自分の言動に対し、生身の反応をよこしてくれるツールの必要性を感じていた。

そこで白羽の矢が立ったのがオンラインボドゲ

息が長く且つオンラインで出来るボドゲを習得しようと前々から考えていた。
囲碁、将棋、オセロ、麻雀、いくつか候補があったが、前者3つは実力差がモノをいうゲームだと調べて分かった。あと1:1なのが逆に難易度をあげている。
麻雀も勿論上手い下手はあるが、運に左右される部分もある為、実力差があっても楽しめる可能性が高いとみている、知らんけど。

 

現状、毎日がとても楽しい。
毎日コツコツプレイする系のソシャゲが続けられない、ノルマがあると冷めてしまう糞人間だが、遊ぶ&構ってくださる方々のおかげで、麻雀アプリは今のところ続けられている。会話のネタも増えた。楽しい、嬉しい、ありがとう…本当に……

本も映画も楽しくチビチビ食い散らかせしている。お勧めを教えてくださる方、此方が推したモノを摂取してくださる方々の存在も大きい。

ブログも、まともな文章を書こう、といった高尚な(?)理想は捨てたので、重荷にもなっていない。良いことだ。

アホほど飽きっぽいので3カ月続けば良い方だと思っているが、末永く楽しくやっていけるのであればそれに越したことは無い。

 

自分の人生…割と楽しいな……

そう最後まで言い聞かせられる、大人の余裕をもって、この先も生きていきたい。

読んだやつ『良い狩りを』

紙の動物園より『良い狩りを』

books.google.co.jp

ケン・リュウ、という作家を知った。というか、教えて頂いた。

何の予備知識もなく買ってみたら…これは…良い………

ファンタジーと現実とサイエンスなフィクションの狭間をフワフワするこの感じ、心地良い……

 

『良い狩りを』

アニメだった、脳内でアニメ化した。アニメと言ってもこう…ちょっとおしゃれな絵柄の…

時間の流れ、移ろう時代、少年だった主人公が大人になっていく………

セピアが勝った少しノイズのある映像の色が変化していく感じ、魔法と科学の中間、スチームパンクにも似た雰囲気なんだが、使われている金属は真鍮というより青みがかった冷たい色でさ…イイネ……

 

ストーリー云々もなんだが、刺さるシチュエーションが複数あったので、また時間がたってから読み返して脳内アニメ化再上映したいと思った。

上手く言語化ができないので、読んだ人同士で脳内アニメを共有したい。

あまりにもフワフワしていて他人はもちろん未来の自分でさえ、これを読んで何かを思い出せる気がしない。

脳内映像共有の技術の進歩を待つばかりだ…